うつ病になったら受給可能【障害年金で生活をサポート】

サイトメニュー

診断書に注意しよう

医者

ストレスや様々な要因によって発症するうつ病は、精神的症状は目に見えるものではありません。そのため、一見健康そうに見えるけれども実はうつ病を患っているということもあるものです。身体的症状であれば目に見えるため診断がくだされやすいこともありますが、精神的症状で目に見えないものははっきりとした診断がくだされにくいでしょう。そのため、障害年金を受給しようと思って診断書の作成を依頼するものの、医師に断られてしまうということもあります。医師が断る理由は様々ですが、自身はうつ病で苦しんでいるのに医師からすると仕事に就けると思い診断書を作成してくれないということがあるでしょう。診断書の作成自体は医師の義務であるために強く言えば作成はしてもらうことはできるものの、関係上よくないと考えられます。医師との関係が悪くなってしまうとうつ病治療も滞ってしまう他、反対に病院に行くこともストレスに感じてしまいうつ病症状が悪化してしまう恐れがあるからです。そのため、もし医師が診断書の作成を断る他、適切な診断がくだされない場合は他の病院を受診するようにしましょう。また、中にはうつ病の診断書を作成してもらったものの診断書の内容が原因で障害年金が受給できなかったとクレームを出す人もいるでしょう。そういったことから診断書を作成してくれないということもあります。
障害年金の等級が決まるのは診断書といっても過言ではないため、診断書は特に重要な書類の一つとなってきます。そのため、診断書をしっかりと作成してくれる医師にお願いすることが得策だと言えるでしょう。また、障害年金の受給手続きに必要となる書類は診断書以外にも年金請求書や受診状況等証明書、銀行口座の通帳やキャッシュカード、戸籍抄本や年金手帳、病歴・就労状況等申立書などが必要となります。スムーズに障害年金の受給申請を行うためにも事前に必要書類は用意しておくようにしましょう。